北京真友堂とは?

北京真友堂は日本企業の中国ビジネスに必須となる専門性の高い各種マーケットおよび分析情報を提供するコンサルティング企業です。
現在の情報社会においては、中国現地の情報を必要な時にどれだけ正確に入手できるかが企業戦略にとって最も大事であると考えます。
中国ビジネスについて、知りたいこと調べたいことがございましたらお気軽に北京真友堂にご相談ください。

理念

知日派の中国企業として稲盛さんの経営哲学を習い,全従業員の物心両面の幸福を追求すると共に、中日両国企業の民間提携に貢献する。

使命

中日両国企業に有益な情報を提供することにより、クライアント企業の発展に貢献する。
中日両国企業へ有用な貿易商品を提供することにより、皆様の生活レベルの向上に貢献する。

経営方針

世界の絆となり、クライアント企業のニーズに答えて、ウィン・ウィンの結果を実現する。

目標

中国・日本市場調査において、調査品質NO.1企業を目指す。

基本情報

会 社 名北京真友堂国際技術発展有限公司

所 在 地

北京市朝陽区朝陽路71号 鋭城国際ビル911室、912室

T E L+86-10-8572-5287

T E L+86-10-8572-5277

法人代表白文花

設 立2007年9月6日

資 本 金150万元

従業員数10人

登録商標

沿 革

2007 会社設立。北京真友堂諮詢有限責任公司の誕生

2008 日本企業向けのコンサルティング業務の拡大

2009 日本企業向けのコンサルティング業務の拡大

2010 本格業務の実施。トヨタグループの仕事を受注

2011 ジェトロ、NEDOの仕事も受注

2012 大手日本企業のコンサルティング業務の拡大

2013 中日外交関係の影響が出始める

2014 中日外交関係の影響により、日本企業の業務が縮小

2015 継続して日本企業向けの業務維持

2016 株主を増加。北京真友堂国際技術発展有限公司の誕生。

2017 10周年を迎える。コンサルティング業務、貿易業務を確保すると同時に、新業務を検討